危ない関係はどうなの?

ルーシーは勤務する銀行で行われている不正を追及するため、国土安全保障省のカサノヴァと名乗る捜査官に協力することになった。
だが、そのために身に危険が迫り、彼の自宅に隠れることになる――カサノヴァの新しい恋人だという名目で。
一緒に暮らすうち、ルーシーは意外な事実を知った。
実は彼は全米有数の富豪エリオット家の一員、ブライアンだったのだ。
恋人ごっこを続けるうちに、ルーシーは彼にたまらなく惹かれていく。
だけど事件が解決すれば、二人は別れなければならないだろう。
しがない銀行員とハンサムな御曹司が結ばれるはずはないのだから。
そんなある夜、ルーシーが何者かに誘拐されそうになり、二人は山奥にある隠れ家にこもることになった。
ウエイトレスのヴァレリーは誰にも知られたくない秘密を抱え、半年前にロイヤルの町にやってきた。
犯罪者だったと言われる曾々祖母の過去を調べて、自分に呪われた血が流れているのかどうかを確かめたいのだ。
この町に越してきて以来、保安官のギャヴィンに引かれているが彼に私の目的を知られるわけにはいかない。
なのにひょんなことから、ヴァレリーはギャヴィンの家に間借りすることになってしまった。
彼にすべてを知られる前に、早くこの家から出ていかなければ。
ずっと彼のそばにいたくならないうちに。
テスは数カ月前、リゾートホテルで出会ったベンと一夜だけのすばらしい時を過ごした。
謎めいたハンサムな男性ベンは、いっときの情事を求めているだけだと彼女にはっきりと告げた。
そこでテスは、翌朝、そっと彼の前から姿を消したのだ。
だが思いがけず妊娠してしまったことを知り、著名な映画プロデューサーだというベンの豪壮な屋敷を訪ねたテスは冷酷な言葉を浴びせられて愕然となる――本当に僕の子か、と。
なんですって? 彼の財産目当てに、私が嘘をでっちあげたとでも? テスは憤慨してその場を去るが、数日後、驚くべき提案をされる。
目の前に立つ男性を見てフィービは言葉を失った。
姉の恋人だったウェイド――私がこれまでに愛した唯一の男性だ。
一年ほど前のあるパーティの夜、フィービはずっと憧れていたウェイドに思いきってダンスを申し込んだ。
だが、その姿を見た姉が激しい嫉妬にかられて会場を飛び出し、車を暴走させて事故死したのだ。
二人は思わぬショックにうちひしがれ、葬儀が終わったあと、慰めを求めてベッドをともにしてしまった……。
もう一度君に会いたかったと言うウェイドに、フィービは背を向けた。
姉をまだ思いつづける彼に、あの日生まれた秘密を知られるわけにはいかないのだから。
新聞記者のメリーナはここ数カ月、大きなスクープを追い、ひとりの男の行方に迫っていた。
ベネディクト・ペイン――別名タイタン。
国際的な犯罪組織のボス。
ある夜、メリーナが情報提供者と会っているところに、一台のバンが突っこんでくる。
ひかれる寸前で、彼女は見知らぬ男に助けられた。
長い黒髪、広い肩、鋭い精悍な顔立ち。
助け起こされた瞬間、強烈なエネルギーがメリーナの体を貫いた。
この人はいったい何者? はじめて会ったはずなのに、手をつかまれただけで背筋が震え……異性を意識させられてしまう。
事故に遭ったばかりの、こんなときに!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60018233