まぼろし探偵(6)です。

まぼろし探偵は囚われの身の青山博士とひとみを助けルパンの野望を阻止することができるのか?!他「にせ札団」、「幽霊屋敷」二話収録。
進と黒星記者はギャングの加保根を追いかけて張り込みをしていた。
警察によって追い詰められた加保根は逃走中死んでしまう。
しかし死んだ加保根を拾った人物がいた!野津井博士というマッドサイエンティストだった。
野津井博士は加保根の脳を実験に使おうとするが逆に加保根の脳に操られ犯罪を重ねてしまう。
まぼろし探偵は加保根を追うが・・・大富豪の毛化田が何者かに襲われるが犯人は人ではないという。
毛化田邸に向かった富士警部と進が見たものは一枚の絵だった。
絵の中の殺人鬼に狙われているという毛化田の孫娘ユリを守るためには宝石を差し出さなければならない。
まぼろし探偵はトリックを見破ることができるのか?! 他「にせ札怪人」、「謎の黄金像」二話収録。
心を込めて打たれた釘。
愛でるようにかけられた鉋。
そうしてなされた仕事が、丈夫で長持ちをする家を作り上げる。
頑固なまでにこだわり続けた者のみが得られる充足感。
それが本当の仕事≠ネのかも知れない。
己の技≠ノ自信を持つ者だけに許された世界≠ェそこにはある。
名もなき市井の職人≠スちを描いたハートフルストーリー。
木綿を彩る藍染め模様、茶室が張り詰める一個の茶碗、池に調和するしなやかな釣竿、寺社の軒下を飾る浮き彫り、すかし模様・・・・・・キラリと光るは江戸の職人気質。
現代に続く、名もなき江戸の仕事人たちの泣き笑いを心あたたかく描く作者の感性が、そこかしこにちりばめる珠玉の作品集!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60003580