ウォー・クライ(11)について

高体連の認可がない扶桑高ラグビー部を中心に、堂園高、亢竜高らと開催された“おれたちの大会”。
その決勝戦は、扶桑VS東光少年院。
一度敗北を喫し雪辱に燃える東光少年院は、巨漢・佐武の活躍で終始試合をリード。
劣勢の扶桑は佐武の強烈なタックルを受け、スクラム・ハーフの清水が負傷。
交代で出場した浩も潰されてしまう。
ついにはマネジャーの亜紀子まで投入することになった扶桑だが、持ち前の粘り強さで、試合終了間際、キャプテン叶のドロップ・ゴールでついに同点追いつく。
高体連の認可がない扶桑高を中心に堂園高、亢竜高らと開催した“おれたちの大会”の決勝戦、扶桑VS東光少年院は激闘の末、前後半では決着がつかずに延長戦へと突入。
延長戦は先に得点した方が勝つサドン・デス。
その開始直後、東光少年院はドロップ・ゴールのチャンスを迎えるも、あくまでもトライでの決着にこだわるサブは味方のキックを阻止する。
炎天下の中の延長戦は30分を過ぎ、選手たちの体力の限界に達しつつあった。
必殺攻撃のアマゾネスまでも東光少年院の厚い壁に阻まれた扶桑は、最後の賭けに出る。
「夢」―それは無意識の世界にある潜在思考の扉。
夢は、あなたに何かを訴えようとしている。
そんな夢に悩まされる人たちを救うのが“夢治療”。
90分:1万円、出張専門、各種コースあり。
一見すると風俗のようだが、これがれっきとした診療機関。
美人のすみれが、夢の中に入って心の傷を診察・治療してくれるのだ。
そして、あんなことまでも!? 夢に悩まされる人たちを救う診療機関“夢治療”。
90分:1万円、出張専門、各種コースあり。
今宵もまた、夢に悩む人たちがその扉を叩く。
美人のすみれが、夢の中に入って心の傷を診察・治療してくれる。
そして、あんなことまでも!?  あなたもいかがですか? 夢治療!自らを「銭豚」と呼ぶ金貸し、蒲郡風太郎。
彼のもう一つの物語。
蒲郡風太郎から借金をした男の娘、理江。
理江は父を助けるつもりで風太郎の愛人になる道を選ぶが、父は自殺する。
残された理江は、風太郎の金5000万を盗み、放浪の旅にでる。
旅の中で彼女が見る世界とは……。
あの問題作「銭ゲバ」アナザーストーリー!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008895