ドラゴン桜(16)を考える

人間は変われるんだ、1年も経たないうちに。
お前の体の中に1年前と同じ細胞は、もうほとんど残っていない!! お前は完全に生まれ変わってるんだ!! 我が子に読ませたい漫画No.1!本物の受験生それは、「自分で勉強する」ということ。
自分がしたい勉強をする、そうなれば周りが余計な指導をする必要はない! 「不安なときこそ、『ドラゴン桜』に立ち返ろう。
自信が湧いてくる!」――セラピスト石井裕之(『なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて』著者)ベルダンディーが所属する『お助け女神事務所』とライバル関係にある『アースお助けセンター』に所属するペイオース。
もともと二人は幼なじみで仲が良かったが、現在ペイオースがベルダンディーを嫌うのにはある過去の出来事が関係しているという……。
そのことを思い出せないベルダンディーに、ペイオースは「勝ったらその出来事を教える」という条件で“女神3番勝負”を申し込んだ!ある日、気持ち良さそうに自転車に乗るベルダンディーを見たスクルドは自転車に興味を持ち、さっそく螢一たちと自転車の練習を始めるのだが、なかなかウマく乗りこなせずに途中で投げ出してしまう……。
そして一人落ち込んでいたスクルドは、川原で自転車を華麗に操る少年と出会うのだった――。
公儀からつけ狙われ、更には心形刀流(しんぎょうとうりゅう)の面々からも追われる破目になった逸刀流(いっとうりゅう)統主・天津影久(あのつかげひさ)。
凛(りん)は、天津と行動を共にしながら、病と精神的打撃で心身ともに満身創痍となった仇敵の姿を目の当たりにし、そこに人間・天津影久の一面を垣間見るのだった――。
「どうしよう――。
そんな事、全然考えてなかった……。
誰が被害者で、誰が一番――死ぬべきなのか」続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017130